専門学校の専門性

専門学校の魅力はなんといっても専門知識に特化していることです。その分野のことをしっかりと学ぶことができるので、将来就職したことを想定した授業の中で実践的な知識を身につけられます。就職してから習っていないということや、就職してから新しい知識を身につけるということはあまりなく、基本知識をもとに実戦経験を経てよりプロフェッショナルを目指すということができます。

TOPIC-専門学校のご案内|大原学園

また、学校の講師の多くはその分野で現役に活躍している人たちが多いです。実戦的な知識が得られるのはもちろんですが、現場での最前線の情報が得られるのでとても刺激を受けることができます。また、仕事での苦労や知っておくべきこと、社会で求められている新人の姿や知識といったものを生の声として聞くことができるので学生のうちの勉強にも反映がしやすいです。

専門知識を勉強するからこそ、インターンや実地研修といったものが多く行われるのも特徴です。実際の職場での仕事の体験ができることで就職後の生活のシミュレーションもできますし、就職先の具体的イメージもつかめます。そして何よりもインターンのような実際の職場での仕事体験というのはやる気をもらえ、日々の勉強の励みになります。

 

ライバルができる

専門学校というのは特定の分野に特化した勉強ができるために、学校で一緒に勉強する仲間が同じ進路を希望しているというのが特徴です。美容専門学校であれば、美容師やヘアメイク、エステティシャンといった仕事の専門分野のクラスでは皆が同じ分野に進んでいきます。大学の場合には、進学や企業、病院、教育現場と様々な分野に分かれて進んでいくことが多いので、同じ職種に進んでいくという学校はあまり多くないものであり、専門学校ならではの魅力と言えます。

同じ分野に進む人たちと一緒に学生生活をすることで刺激を受けますし、ライバルであり親友という素晴らしい友情関係が作れます。就職後にも悩みを共有できたり切磋琢磨できたりと一生の友人となることができます。ただ同じ趣味であるとかウマが合うだけでなく同じ苦楽を共にしているというのは特別な絆であり、大事にしたいものでもあります。

同じく。学校で授業を担当してくれる講師も良い師匠でありライバルであると言えます。先生のようになりたい、という明確な目標となる人がそばにいてくれることで仕事が辛くてもがんばろうと思えますし、就職後の悩みの相談相手にもなってもらえます。このような仲間やライバルに恵まれているのは専門学校にしかない魅力と言えます。

専門学校とは

専門学校というと、大学や短期大学に行く学力のない人が行くところ、と勘違いしている人がいますが決してそのようなことはありません。成績が優秀な人であっても、進路や勉強したいことによっては専門学校に通うものです。ですから、専門学校が大学や短期大学に劣っていると感じることは決して必要ありません。

専門学校は大学や短期大学と同じ高等教育機関に位置付けられています。職業に就くために特化した学習カリキュラムが組まれている学校であり、実習やインターンといった実践的なカリキュラムが多いのが特徴です。そのため、大学のような一般教養の授業はほとんどなく、多くの授業が習得したい技術についてやその分野の歴史など、学習したいカリキュラムに関するものを勉強することとなっています。

専門学校というのはその分野に緒結した技能教育をしてくれる場所です。座学で理論を学ぶことはもちろんですが、それ以上に就職して使うことのできる実践的な知識を身体で覚える機会がたくさん設けられています。設備についても実践ができるよう実際の職場に近い環境が整えられていたり同じ機会が導入されていたりと設備投資にはかなりの力が入れられています。そのため、就職したらすぐに即戦力として会社で働ける技能を習得することが目標とされています。このように専門的な知識が学べる専門学校ですが、進路を決める際には不安も多いものです。そこで、ここでは専門学校にはどのような魅力があるのかを紹介します。